阿部内科循環器科

神戸市東灘区 内科・循環器科 阿部内科循環器科

〒658-0011 兵庫県神戸市東灘区森南町2-1-13
TEL 078-431-2313

 


 
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

高血圧の話

高血圧とは?

血圧とは心臓が全身に血液を送り出す際に、血管にかかる圧力です。この圧力が基準値よりも高い状態が続くことを高血圧といいます。
当然、高血圧が長く続くことによって、血管が傷つきやすく、脳出血や脳梗塞の原因になっています。

 

高血圧の基準値は?

家庭でまず自分で血圧を測ってみましょう。
血圧計は上腕で測るタイプが誤差が少ないといわれています。時間は起床時(朝食前)と就寝前の1日2回。座った状態で、腕に巻くカフは厚手のパジャマや服を脱いで巻きましょう。すぐに測らず最低2分以上安静にして深呼吸してから測ってください。測定は何回も測らず3回までで結構です。
家庭血圧が135/85mmHg以上(若年者は125/80mmHg以上)が高血圧です。
(心配や不安のあるときは、アドレナリンというホルモンが体に多くでていますので、当然血圧は高くなります。一時的に血圧が上昇しても、多くは1時間以内に安静にしておれば、もとに戻りますので、あわてて病院に駆け込んだり、血圧のくすりを勝手に多く飲まないようにしましょう。)

 

高血圧の治療は?

まず、食塩の取りすぎに注意してください。高血圧のひとは1日の塩分摂取量6gr未満がよいといわれています。
(多くの食品の栄養表示にNa(ナトリウム)で表示されていますが、Na表示を2.5倍すると食塩量に換算できますので、一度食べている食品の塩分をチェックしてみてはいかがでしょうか)
それでも高血圧が持続していれば、当院では動脈硬化のチェックのうえ、降圧薬を投与します。
(一度服薬を開始しても、食生活の改善や肥満のひとは体重をコントロールすることによって、薬をやめることも可能です。)